公と森(前編)

漢語林で「公」という漢字について、
調べてみたら、こうあった☆^^
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
①表むきなこと。あからさまなこと。公然。
②かたよらず正しいこと。公平。公正。
③個人のことでなく、国家社会などに関すること。
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
この「公」という文字。
元々は「八」の下の字は、「ム」ではなく、「口」
であったらしい。
 
一説には、「口」の部分は「広場(空間)」を意味し、
「八」はそれを開いている様子を表しているのだとか。
 
さて、日本にある「森という公」は、
果たして今、「みんなのもの」として開かれているだろうか?
 
 
これは、一生を費やして追求するだけの価値のある
wonderfulなテーマだと、私は思う。
 
 
たとえば森を
私的に自分だけの「木の畑」として、狭く捉えた場合と、
公的にみんなの「共有物」として、広く捉えた場合とで、
目指すべきビジョンは、まるで違ってくる。
 
さらには、人社会(国家社会)だけではなく、
森の生態系を構成するあらゆる生きものたちを
すべてひっくるめての「公」という発想となれば、
そのビジョンは、
より一層広域なものとして、超長期的なものとして、
捉える必要が出てくる。
 
きっと、ネイティブアメリカンの人たちが言う
『七世代先のことを考える』というのは、
そういう視点から、自然と生まれ出た言葉なんだろう。
 
 
ここで公的な立場にいる人たちに、問う。
 
「100年後の森が、どうなっているのかを知っていますか?」
「100年後の森が、どうあってほしいのかを描けていますか?」
 
ちっちっちっ、
勘違いしちゃぁいけねぇぜい。。。^^
 
政治家や公務員だけが、公的な立場にいる人たちじゃない。
学者やメディアだけが、公的な立場にいる人たちじゃない。
 
私たちはみんなみんな、公的な立場にいる人たち。
 
 
職業として、公の仕事を選んでいるかどうかを言っているのではない。
そこじゃない。
 
個々人の義務や責任の話をしたいわけでもない。
そこじゃない。
 
もっと、ひとりひとりの心意気そのもののお話。
何十億もの個性が混ざり合った、
躍動的でパワフルで、潤いのある新しい公のお話。
 
「公」の未来とは、結局は、
ひとりひとりの心意気次第なのかもしれない。
 
おーし!
地球という空間を、
『人類総踊り』ばりの心意気で、
開きに行くぞーっ!!^^
 
Shall we open the space?
 



!!
 
^^)/
 
 
【投稿者】
 松田 卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2020年10月31日

物語と森

9/17 朝日新聞(朝刊)の「折々のことば」に、
このようなことばが紹介されていた。^^
 
 
『お話は、おとなが子どもにおくることができる、
 いちばんいのちの長い贈りものだと思います。』
 
 
このことばは、東京子ども図書館からのものらしい。
素直に私は「いい言葉やなぁ~」と思った。
 
「今」や「自分」といった
いわば『手元の執着』を超えた
「いつか」の「誰か」に、
「何か」を贈りものとして届ける行為。
 
それが、うまく届こうが、そうでなかろうが、
どちらであっても、いいもんだなぁと思うのです。
 
「ホピの予言」も、「火の鳥」も。
「クレヨンしんちゃん」も、「寅さん」も。
お話は世代をするりと超えてみせる、
なんとも見事な贈りもの。^^
 
「未来への贈りもの 未来との約束」
このブログのタイトル。
 
慌ただしい毎日の中で、
ついつい忘れてしまいそうになる。。。
でも、このブログの原点にあるのは、
未来に向けて、描き続けている贈りもの。
未来に向けて、紡ぎ続けるべき約束。
 
 
紡ごう、紡ごう。
それぞれの物語を、
それぞれのやり方で。
 
いびつだろうと、はみ出してようと。
ヘタだろうと、みにくかろうと。
 
描こう、描こう、
物語を描こう。
 
 
たがいの気持ちを この世界に描く
たがいの気持ちが この世界を描く
物語は
 
 
【参考文献】
・『明日の神話』
ORIGINAL LOVE(2006)PONY CANYON
https://www.joysound.com/web/search/song/94069
 
・『はてしない物語』
ミヒャエル・エンデ(1982)岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/book/b254872.html
 
・『ようこそ地球さん』
星 新一(1972)新潮文庫
https://www.shinchosha.co.jp/book/109802/
 
・『子どもたちに本を贈ろうプロジェクト』
(2016)東京子ども図書館
https://www.tcl.or.jp/%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e5%9b%b3%e6%9b%b8%e9%a4%a8%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88/%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%81%ab%e6%9c%ac%e3%82%92%e8%b4%88%e3%82%8d%e3%81%86%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88/
 
【投稿者】
 松田 卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2020年9月30日

(^^)『三井寺 みんなでつくる みんなの森 vol.5』延期のお知らせ(^^)

10/18(日)に予定しておりました「三井寺 みんなでつくる みんなの森 vol.5(森の手入れ)」は、コロナの影響により、今年の開催を見送らせていただきます。
 
なお、来年3/21(日)には、予定どおり2回目の植樹を「みんなでつくる みんなの森 vol.5」として計画中です。
 
たとえ小さな取り組みからでも、緑化の『芽』は確実に力を増してゆきます。
よい近未来を、みんなの力で、つくってゆけたなら。^^
 
引き続き、皆様からのご協力、
よろしくお願いいたします。
 
 
※ 三井寺 みんなでつくる みんなの森は、
  今後も毎年3月に植樹、10月に森の手入れを
  継続的に実施してゆきます。

流域人と森(後編)

今年6月に投稿した流域人と森(前編)から随分と日数が経ってしまいました。
しかし、じっくり時間を置いてからの発信が、
よい感触と思える「何か」を掴ませてくれることも。^^
流域をテーマにお話できることは、実に多岐に渡るはずです。
ですから、前編と後編のたった2回だけで、
流域の多面的な全貌を表現し尽くせるわけもなく。。。^^
流域については、今後もレポートすることがあることでしょう☆
 
さて、日本列島には、一級河川と呼ばれる大きな川が109あります。
日本に住むほとんどの人は、この一級河川のお世話になっているわけです。
飲料水をはじめとする生活用水はもちろんのこと、
農作物や産業活動、森林生態系の保持にも欠かせない、
109の脈。
 
明治の廃藩置県以降に、人工的に区切られた都道府県ラインがあろうとなかろうと、これらの脈は、のびやかに自然の摂理を表現してくれている。
(都道府県という「区分け」には、たった200年にも及ばない程の歴史しかなく、地球が誕生してからの46億年に比べれば、ほんの一瞬の人為的出来事に過ぎません。)
 
上善は水のごとし、水はよく万物を利して争わず。
老子が唱える「柔弱謙下(じゅうじゃくけんげ)」「無為自然(むいしぜん)」。。。
やはり、水から、自然から、学ぶことは無尽というわけです ∞ ^^
 
「ケンミン」という所属意識を楽しむ地上波からの「ショータイム」もよいですが、もっと地下水脈も含めた、自身の流域にアイデンティティーを寄せて生きてみると、これまで囚われていた価値観、人生観も、違うものへとシフトして、
見える景色がまるで変わってくる。
 
きっと、縄文人は流域という生命共同体(あらゆる動植物を含めた生きものとしてのコミュニティーとでも言いましょうか)を五感で認識していたと思うのです。
「流域人として」というよりも、「流域生命体のひとつとして」という感覚だったのではないでしょうか。
 
その視点、世界観、生命観を思い出すプロセスとして、
まずは「流域人」という発想から、何かをはじめてみようと思います。
流域生命体の中で生きる私たち人間は、みんな流域人なのですから。^^
 
現代人がすっかり「常識的観念」に凝り固まり、
貧弱化させてしまった『創造性』を
再び、自分たちの力で取り戻す。
もう一度、自らの中に思い出す。
 
自身で自身を、リラックスさせ、
自身で自身を、治癒できる。
 
そんな社会展開の入口を、
そんな文明転換の入口を、
今こそ、みんなでつくりはじめる。
 
誰からはじまったのかも、
どこからはじまったのかも、
あまり大きな意味はない。
そんなことは、どうでもいい。
本当に、どうでもいい。
 
みんなでつくる、みんなのライフなのだから。^^
 
 
【参考文献】
・『流域環境学 流域ガバナンスの理論と実践』
 和田英太郎 監修/谷内茂雄・脇田健一・原雄一・中野孝教・陀安一郎・田中拓弥 編(2009)京都大学学術出版会
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=1599&lang=jp
 
・『水がなくなる日』
 橋本淳司(2018)産業編集センター
https://www.shc.co.jp/book/2616
 
・『カワサポ』
 (2014)一般社団法人 ClearWaterProject
https://www.kawa-supporters.net/
 
・『生命賛歌』
 エレファントカシマシ(2003)FAITHFUL
https://www.joysound.com/web/search/song/52256
 
【投稿者】
 松田 卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2020年9月2日

緊急支援と森

またひとつ、起きてしまった。
豪雨、河川氾濫、土砂災害、線状降水帯、、、
 
誰なのですか?
なぜなのですか?
 
ささやかでも、やれることをやる。
ここに、意志を立てる。
 
被災地には、本当に困っている人がたくさんいる。
どうかみなさん、力を貸して下さい。
よろしくお願いいたします。
 
以下、ご縁のある支援活動をご紹介します。
どうか、どうか。
 
 ↓↓↓
 
◆令和2年7月豪雨災害支援(一般社団法人 OPEN JAPAN)
https://saigaishien.openjapan.net/
 
◆球磨川水害支援情報共有グループ
https://www.facebook.com/groups/602074660683662/about/
 
 
【参考文献】
・『「流域治水」と「事前放流」豪雨時代の新たな治水政策の課題(毎日新聞)』
 (2020)八ッ場あしたの会
https://yamba-net.org/52422/
 
・『河川氾濫と森』
 (2019)アースフォレストムーヴメント
http://earth-forest.jp/news/blog/%e6%b2%b3%e5%b7%9d%e6%b0%be%e6%bf%ab%e3%81%a8%e6%a3%ae/
 
・『九州北部豪雨と森』
 (2018)アースフォレストムーヴメント
http://earth-forest.jp/news/blog/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%8C%97%E9%83%A8%E8%B1%AA%E9%9B%A8%E3%81%A8%E6%A3%AE/
 
【投稿者】
 松田 卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2020年7月31日

流域人と森(前編)

「大地になんか、一切構うな。
 カネのために、ただ生きろ。」
 
またひとつ、何かが沈む。。。
もうその手には、乗らないよ。。。
 
幾千もの川の脈。
大地は、ただ大地だ。
 
流域人として、大地で遊ぶ。
流域人として、大地と遊ぶ。
 
ここからは、おもしろい。
 
 
【投稿者】
 松田 卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2020年6月30日

沈黙の星

    「沈黙の星」
 
沈黙は真空
 
天の川の喝采
対極の幾何学
 
深緑の森は 螺旋を振動させ
アルペジオたちが 渦を成す
 
行動は雄弁
 
大河の衝動
絶対の相対
 
 60億分の1
 70億分の1
100億分の1
 
時代を灯す 親愛なる焔たちよ
この沈黙の星に 生を享け
力 満ちるか
 
 
【投稿者】
 松田 卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2020年5月31日

(^^)動画「石木ダムのお話」をYouTubeに公開しました。(^^)

「公共事業とは、何のために、誰のために行われるのか。」
石木ダムのお話 石木川まもり隊 代表 松本美智恵さん
https://www.youtube.com/watch?v=V-U26XrVo3A
 
長崎県佐世保市を流れる石木川では、50年程前にダム計画が立てられました。
果たして本当に必要な計画なのだろうか。。。
同じような「効果性に乏しい公共事業」が、
全国各地に様々な形で存在してはいないだろうか。。。
この動画が、森と人とのあり方を根源的なところからみんなで考え直してみる
「ひとつのきっかけ」になってくれますように。^^
 
知ることは、生きること。
 
(母の日開催予定の「マザーアースデイ2020」は中止のため、代わりに当動画を制作しました。)
 
 
《松本美智恵さん プロフィール》
1951年 福岡県で生まれる。
1974年 福岡教育大学卒業。横浜市教員となる。
1976年 結婚。
1979年 埼玉県へ移住。仕事(夫の会社の経理事務)をしながら2子を育てる。
子育て卒業後、「憲法を読む会in新座」「金子みすゞを歌う会」等に参加、様々な出会いと学びを得る。
2008年 長崎県佐世保市へ移住。石木ダム問題に出会う。
2009年 石木川まもり隊を立ち上げ、石木ダム建設中止を求める活動を開始する。
2016年 石木ダム訴訟原告団事務局が発足、事務局長となる。2つの訴訟の原告数は延べ700人。
 
・石木川まもり隊 http://ishikigawa.jp/

firstと森


 

 

 

 
初めてを、始めました。
2020年3月15日
みんなでつくる みんなの森
初植樹。
 
カスミザクラ
エドヒガン
イロハモミジ
オオモミジ
モミ
ウラジロノキ
タムシバ
ホオノキ ...
 
ひとりひとりに存在意義があるように、
苗木ひとつひとつにも、
そこに根を張り、命を伸ばす意味がある。
 
今回植えられた苗木たちは、1ヶ月ほど経った今でも、
「この時代に、この場所で生きる」という
初めてをそれぞれに始めてくれている。^^
 
植樹から約1か月後の4/11撮影写真^^
↓↓↓

 

 
すべては、
たった2時間の「私たちみんなの初めて」
から始まったこと。
 
技術指導者はいても、そこに仕切屋がいるわけではない。
森の持ち主がいても、そこに利権屋が介在するでもない。
 
ひとりひとりの自然な意志で、
ひとつひとつの命が植えられた。
ただそれだけの、2時間。
 
 
「都民ファースト」を唱える人がいる。
「アメリカンファースト」を論じる人もいる。
「お客様ファースト」を求められる場がある。
 
これらひとつひとつの善し悪しを、
何もここで「言葉化」するつもりはない。
肯定も、否定もしない。
 
ただ、その理念の根源に『森羅万象ファースト』のメンタリティーが
内在しているかどうかを、私は問いたい。
根を張り、葉をつけるビジョンなのかどうかを。
もし「根も葉もない」ものであるならば、
そのときは自然の摂理に沿って、
いずれは枯れてしまうものだろう。
 
 
「first」には、
最初の、第一の、そもそも、発端
などの意味があるらしい。
 
初植樹の苗木たちは、言わば「ファーストチルドレン」。
これからはじまる、古くて新しい森をつくる先駆者の世代。
初植樹をしてくれた子どもたちも、やはり「ファーストチルドレン」。
誰かの命令ではなく、自らの意志で新しい時代を開いてゆく世代。
 
果たして、7世代先のチルドレンは、
この森の中で、どんな初めてを始めているのだろうか。。。^^
 
 
誰にでもみんなにある、初めて。
あのときの初めてがあって、今がある。
 
未来を育む「チルドレンファースト」の森づくりは、
今後も続くよ、どこまでも~♪^^
 
みんなみんな、ありがとう!
 
 
【参考文献】
・『封鎖を突破する言葉!』
 ダースレイダー × いとうせいこう(2020)DARTHREIDER
https://www.youtube.com/watch?v=PR7izYyh9-s
 
・『【特別公開】谷川俊太郎 Inspire Highライブ配信セッション』
 ガイド 谷川俊太郎(2020)Inspire High
https://www.youtube.com/watch?v=2z7eAaw2UcY
 
【投稿者】
 松田 卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2020年4月30日