社会的共通資本と森

 


 
 
「社会的共通資本」なんてあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

でも、この考え方はきっと、未来に進めば進むほど、より一層大切さを増してゆく考え方になる気がします。

 

社会的共通資本とは「一つの国ないし特定の地域に住むすべての人々が、ゆたかな経済生活を営み、すぐれた文化を展開し、人間的に魅力ある社会を持続的、安定的に維持することを可能にするような社会的装置」と定義されています。

めちゃめちゃ簡単に言ってしまえば、「みんなで大切にするべき、みんなのもの」とでもなるのでしょうか。

 

ゆたかな経済・すぐれた文化・人間的な魅力のある社会を維持する『自然環境』(山、川、森林など)、『社会的なインフラ』(道路や鉄道など)、『制度資本』(教育、医療、ジャーナリズムなど)の3つから成り立っているのが、社会的共通資本。

つまり、
「『ゆたかに生きるために必要不可欠な自然の恵み』や『人々がこれまでに積み上げてきた文化の叡智』はかけがえのないもんなんやから、損得勘定だけにとらわれず、みんなで大切にしていこうじゃあ~りませんか?」
といった発想から生まれてきた考え方と言えそうです。

 

これがどうして、未来に進めば進むほど、より一層大切になるのかと言うと、もはやこの地球上には「社会的共通資本」と言えるものはほとんど存在していないように私には見えるからです。
(むしろその揺り戻しにより、この価値が膨らんでいくことを願うばかりです。)

 

今日の現状は、『自然環境』にしても、『社会的インフラ』にしても、『制度資本』にしても、

「みんなで大切にするべき、みんなのもの」
というよりは、どちらかと言えば、
「今だけ、カネだけ、自分だけ」
の色が強いのかもしれません。
今や地球の隅々まで染め上げるほどの勢いです。
みなさんもそれぞれの日常の端々から、それらの空気感をきっと感じ取っていらっしゃるはずです。

 

「今だけ、カネだけ、自分だけ」の空気感に、
「今だけ、カネだけ、自分だけ」の日常生活に、
「今だけ、カネだけ、自分だけ」の社会構造に、
強かに適応しようとしてしまう私たち人類。

 

その果てにある未来で、「あらま!」という難局に人類はぶつかってはじめて、その解決を慌てて探し始めるのか。

 

そうなってからやっとこさ、まさに社会的共通資本のひとつである『制度資本』(つまり、教育やジャーナリズム)の中から『社会的共通資本』という考え方を見つけ出し、再び拾い上げるのかもしれません。

さらなる未来へ進むために必要な「転ばぬ先の杖」として。

 

未来に、社会的共通資本と言えるまっとうな教育やジャーナリズムが存在している限り、そこから何度でも「社会的共通資本」を見つけ出すことはできるはず。
 
「社会的共通資本」を、目に見える実例としても。
「社会的共通資本」を、内在する考え方としても。

 

私たちがこのムーヴメントからやろうとしていることとは、
まさにそういうことなのです。
 
転ばぬ先の杖を
たとえ少しずつでも
今からつくりはじめる
転んでからではなく
まだ転んでいない
今から

 

20年後の未来に問う...
 
 
【参考文献】
・『社会的共通資本としての森』
 宇沢弘文・関良基 編(2015)東京大学出版会
http://www.utp.or.jp/book/b306757.html

・『社会的共通資本』
 宇沢弘文(2000)岩波書店
https://www.iwanami.co.jp/book/b268515.html

・『経済学は人びとを幸福にできるか』
 宇沢弘文(2013)東洋経済新報社
https://store.toyokeizai.net/books/9784492314425/

・『自由貿易を考えるシリーズ2 TPPは「社会的共通資本」を破壊する』
 ニュース専門ネット局 ビデオニュース・ドットコム(2011)
http://www.videonews.com/marugeki-talk/515/
 
【投稿者】
 松田卓也(アースフォレストムーヴメント)
 
【投稿日】
 2018年2月28日

九州北部豪雨と森

 

 

福岡県の東峰村に行ってきました。
昨年7月に発生した九州北部の集中豪雨で、被害のあった場所です。
私は実際に自分の目でその様子をまず確かめておきたいと思い、1/21~22日の2日間、東峰村を訪ねてみることにしたわけです。
訪問を快く受け入れて下さった方々、ご協力ありがとうございました。

 

東峰村は、福岡県朝倉市、福岡県田川郡添田町、大分県日田市とともに、政府から九州北部豪雨の激甚災害地域に指定された4市町村のうちのひとつです。
死者37名を出したあの災害からすでに半年以上が経過。
町は一見日常を取り戻しているかのようにも見えるのですが、そこに住む人たちの暮らしが今までどおりの日常を迎えるまでには、まだまだたくさんの課題があるように感じました。
被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

今回のブログタイトルは「九州北部豪雨と森」。
このブログで「九州北部豪雨と森」に関する全貌を書き尽くすことなど到底できるものではありませんが、私自身が見たこと、知ったこと、思ったことを、写真も含めここにお届けします。

 

九州北部豪雨の影響を増長させたのが大量の流木であることは、すでに皆さんも様々な報道からご存知のことだと思います。
間伐されず荒廃した過密人工林(線香林)の木々たちは、強く根を張ることもできないまま存在しているため、豪雨や台風の影響により、簡単になぎ倒され、流木化しやすいというわけなのです。
山林原野が約86%の東峰村。この地域は、遠賀川流域と筑後川流域の分水界でもあり、四方が山に囲まれているため、流木の被害もやはり大きかったのでした。

流木と豪雨被害との相関関係は、おおよそ以下のとおりです。
豪雨の影響で川に流れ出たはじめの流木たちが、橋などにまずひっかかる。
そして、次から次へと流れ出る後の流木たちも、同じところでひっかかる。
次第に積もり重なった流木たちが、ついには川の流れをせき止めてしまう。
勢いを増している川の水たちは行き場を失い、従来の川幅から大きくはみ出し周辺地域に溢れ出す。

 

川から離れた民家へも浸水被害が広がってしまったのは、このような流木の影響が大きいと言われています。
何も私は、流木をワルモノにしたいわけではありません。
山主さんもそれぞれにいろんなご事情を抱えて苦労されていらっしゃるわけですから。

 

私がただ思うことは、
「じゃぁ、これからをどうするか」

 

もし、九州北部豪雨から、ここ東峰村から、
得られる気づきがあるとすれば、
「これからをどうするか」
を今を生きる私たち人間ひとりひとりが見出し、
それを具体的にはじめることなのかもしれません。

 

アースフォレストムーヴメントとして、
いつか東峰村で、
自然配植による森林再生をはじめたいと考えています。
もし、その時が来たら、
みなさまからの知恵と工夫と力を、
どうぞ分け与えてください^^

 

その時が来るまで...

 

 

追伸、
東峰村は、遠方からのアクセスも決して悪くなく、それでいてのどかな場所でもあるため、今も多くの観光客が足を運んでくれています。
『小石原焼・髙取焼などの陶器づくり』『豊かな森に囲まれた岩屋神社』などで知られている東峰村。
あと、樹齢200~600年と言われる「行者杉」も大変見ごたえのあるものでしたよー^^
http://toho-info.com/pl_view/gyoujasugi.html

 

 

【参考文献】
・東峰村
http://vill.toho-info.com/
・一般社団法人 OPEN JAPAN
http://openjapan.net/
・国土交通省
 『平成29年7月九州北部豪雨による土砂災害の概要(H29.9.4時点)』
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/h29_kyushu_gouu/top.html

 

【投稿者】
 松田卓也(アースフォレストムーヴメント)

 

【投稿日】
 2018年1月31日

はじめに

様々な情報に溢れる現代社会
その膨大な情報の渦の中から
本当に必要な情報を手に入れること
本当に大切な情報にめぐり会うこと
それ自体がなかなか難しかったりもします

『森』というテーマひとつ取っても
どうやらそれは例外ではないようです

本当に必要な情報って 何なのでしょうか?
本当に大切な情報って 何なのでしょうか?

このブログを通して
発信者も 読者も
それぞれに ともに 互いに
その答えを探る旅がはじまります

お好きなときに お好きなだけ
お気に召すまま 気の向くままに
それぞれの日常を超えた日常を
楽しんでいただける旅であれたなら^^